2019年2月28日木曜日

うさぎの避妊手術しました。

うさぎと暮らすリース研究家
田園調布のちいさなリース教室のアトリエ日記です。

うさぎの小春ちゃんは
2019年2月上旬に避妊手術をしました。

生後約11か月の時です。

年齢についてはだいたい1歳までに
とよく言われています。


ホルモンバランスの変化によって、
人間への接しかたが変わってくるという話もよく聞いていました。

私の足にまとわりついてきたり、
駆け寄ってきたりしてくれる小春ちゃん。
塩対応の承太郎とは
まったく違う姿にメロメロ。

そんな小春ちゃんが変わってしまうのは嫌でした。
でも病気になってしまうのはもっと嫌です。

承太郎は去勢していないので、
何かの拍子に
大家族になってしまうのも心配でした。


病院の先生は強く勧めてくることはありませんでしたが、
小春ちゃんの体調の変化やサインを全て見逃さないという
自信は私にはありません。

なにを大げさな~
と思われるかもしれない。

ワンちゃんや猫ちゃんなら普通のことでも、
うさぎさんにはまだまだ
定着していないことです。

....

悶々としているときに、
知り合いの愛兎さんが
2歳で出血し急遽手術をしたと聞いて、
私はすぐに病院に予約の電話をしました。

....

そして、
手術から3週間経った今、
小春ちゃんは
とても元気に過ごしています。

手術前と変わらない。
良いところも
良くないところも
変わらないです。


もしかしたら
これから少しづつ
変わってくるのかもしれませんね。

それはそれで
健康で長生き目指そうね(^^♪


小春「セロリの葉は、まぁまぁね。」



▼▼▼リース教室の詳細▼▼▼
▼▼▼こちらから▼▼▼

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます♪